蕎麦之記

辛汁で、を基本に。

いしいのそば

福島会津・山都町手打ち蕎麦処 いしいのそば 会津地方 ]  

 



伝聞


 

水そば ( コース的な 税込 2,000円台 )





香り★★★
太さ★☆☆
出汁不明
辛汁の量不明
蕎麦湯不明



薬味・小鉢など沢山の小皿料理「 こづゆ



粉の産地地元産だけではなかったような…
地産地消 + ブレンド? )
製粉自家製粉!
割合十割
製麺手打ち






 明るい店主のお父さんが、粉まみれで出迎えてくれる本格派、古民家 自宅兼 店舗。製粉・手打ちを、玄関奥の台所で お父さんがひっきりなしにやっている様子がうかがえる。

 


はじめに出て来るのが、水だけで食べろという『 水そば 』。出汁で食べずに、水だけで蕎麦を味わえというものだ。おいしい湧き水と、自慢の蕎麦。これぞ本物の味、確かめろと言うわけだ。まずこれが凄くて心を射抜かれる。

 


その後、出汁で食べる蕎麦が出て、後から後から小皿料理がどんどん来る(「 こづゆ 」)。うろ覚えだがこれが、客人に物足りなさを感じさせないようにする、会津特有のおもてなしスタイル だ とかいう前情報を入れていった気がした。 確か、大内宿 で蕎麦を食べた時も、幾つかの小皿料理が付いてきたような。

 


何はともあれ、ここでこの時食べた『 水そば 』が、この上なくおいしかったのは、忘れられない。香り、のどごし、コシ、全てにおいて最高だった。( 出汁については覚えていないが、『 水そば 』を狙いに伺ったので、眼中になかったと思う。) 田舎蕎麦 が好きになったのは、この蕎麦の香りを知ってしまったから、とも言える。

 


あくまで頼りない記憶だが、地粉 100% ではなく、味と香りのために、何処かの粉をブレンドしていた、と聞いたような。香りには大満足だったので、目くじらは立てなかった。しかし次は、地粉 100% のところで、どんなもんか試してみたいと感じたことをぼんやりと覚えている。





茶 なし
ただしキンキンに冷えたおいしい湧水飲み放題!
充分です!



他メニュー一例不明



価格帯高くはないが決して安くはない






当時、耶麻郡山都町では、『 山都そば街道 』 的な、観光振興キャンペーンを行っていた。しかも、山都町の蕎麦の品質は、マスコミ的に折紙付だった。そこで、蕎麦通を志願したい我々が、山都町へ出陣した訳だが、店を探す上で旅行雑誌「るるぶ」や「マップル」は信頼できない。まずは観光協会で、地元の真摯な情報を入手しようということで、【 山都そば ( 宮古そば ) 街道マップ 】を貰い、『 水そば 』を食せる店のひとつとして、同店 (「 宮古手打そば保存会会員 」) を選んだのだった。





立地山村集落
店内外古民家そのもの
卓上なし
座席数不明
サービスあたたかい
BGM






【 山都そば 】
宮古地区で有名なことから 「 宮古そば 」 とも言う。つなぎを一切使用せず地元産そば粉を伏流水で打つ。耶麻郡 山都町 ( 現 喜多方市 )により導入された蕎麦貯蔵用の大型冷蔵庫により品質が管理されているらしい。







創業不明







住所福島県喜多方市山都町蓬莱字殿屋敷3360
( 旧 耶麻郡山都町宮古地区 )
【 いしいのそば 宮古本店 】
Site〈 Twitter 〉   / 〈 本店 HP 〉



****

 

 

※ 1990〜2000年代くらいの、蕎麦の花咲く頃の記憶の伝聞。


****

広告を非表示にする