蕎麦之記

辛汁で、を基本に。

山形そば処 三津屋 出羽路庵

山形 の 蕎麦処・三津屋駅前大通り店    山形市内 ]

 

 
伝聞
 

 

そばとろろ  ( 税込 972円 )

 





香り☆☆☆
太さ☆☆☆ 太からず細からず
出汁普通だがさらり系
辛汁の量適量
蕎麦湯不明、茹で湯?



薬味小鉢などネギ、わさび(練)



粉の産地不明、でわかおり?
製粉製粉所?
割合不明、四六?
製麺機械打ち?

 
 
 
 
  蕎麦屋は、3つのタイプに分かれると思う。【 こだわり共感型 】、【 CSマーケティング 】、【 誠実一途型 】。   その中で同店は、まさに【 CSマーケティング型 】にあたると思う。
 
 
    同店は蕎麦処・山形の老舗のうちのひとつ。創業当時は黒く太い 田舎系 を提供していたが、代を経る毎に全国を行脚して研究を重ね、日本全国に通用するそばを求め、現在のスタイルに至ったとのこと。山形ならではの 板そば にも、その他の 種物 ・メニューにも合うような麺をと考えたのだろうと想像すると合点がいく。現在三代目は、現代の人向けのアレンジメニューにも果敢に挑戦しているそうだ。
 
 
    麺は細め、コシはあるが香りはない、食感は Good。『 ざる 』で がっちりでなく、軽めにバラエティー感あるような蕎麦 ( 種物 ) をいただきたいときのランチに、よくここを選んで食べていた。メニューもサービスも洗練されていて、安心感はこの上ない。今度は『 冷やしやまかけ(1,080円)』を試したい。




茶 なし? 水?



他メニュー一例元祖板そば (12山) 3,024円、半板 (16山) 1,512円、
かしわ汁 432円、せいろ 680円、あんかけ汁 486円、カレー汁 486円、
薬味/玉子 108円、おろし 162円、納豆 216円、山菜 216円、とろろ 270円、なめこおろし 270円、
割子薬味 1,080円



価格帯108〜3,500円





立地駅前・街中・メインストリート
店内外ビル1F、如何にも蕎麦店
卓上一味、割箸…
座席数ビジネス街のランチでゆったり回転出来る位
サービス流石老舗
BGM不明、USEN






山形そば
   蕎麦店が江戸に誕生してから間をおかず、山形に技術が伝わって定着し常食されるようになった。『 奥の細道 』 には、松尾芭蕉羽黒山にて蕎麦を食べた記述がある。







創業1921年  (大正10年頃)







住所山形県山形市十日町1-26
Sitehttp://www.soba328.com



****
 
 
 
 
 

 
※  1990〜2010年頃の記憶の伝聞。  


****