読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蕎麦之記

辛汁で、を基本に。

手打ちそば 七福

宮城黒川・富谷町富ヶ丘 の 手打ち蕎麦処  七福    仙台市近郊 ]  

 
f:id:RoronoaRyo:20150503201018j:image
 
 

ざる  ( 税込 850円 )





香り☆☆☆
太さ☆☆☆ 長極細系
出汁香り無しの塩辛目
辛汁の量少な目
蕎麦湯とろみのある茹で湯



薬味・小鉢などネギ、ワサビ、日替り小鉢(ゆで卵)



粉の産地不明
製粉製粉所?
割合不明(二八と記した媒体もあり)
製麺不明、店外自宅内?





    生芋蒟蒻のように透き通っていながら ホシ も疎らに入っている麺、角は立たないけどコシはしっかり。二八?  蕎麦の香りは薄め、盛りもかなり少なめだ。  蕎麦好きと見られる客は、3人前の 『 福ざる( 2,200円 ) 』に『 天ぷら単品( 550円 ) 』 をオーダーして食べていた。  大盛りの量は 2倍程度の模様、それにすればよかった。


    辛汁は少な目。香りも抑え目で甘辛、小ぶりの蕎麦猪口に半分以下だろうという量で供される。( もちろん足りなければ追加できると思われる。) 若干塩分が気になった。  正直薄めたかったが手段叶わず。



    どこにも言えることだけど、この、辛汁の少なさは、薬味 ( ネギ・わさび・辛味大根おろし等 )と 辛汁、そばを浸す長さのバランスを計算してのこと、と良い方に解釈しておきたい。足りなきゃ追加をお願いすれば良いだけの話、蕎麦湯を楽しめないと意味がないしね。



    卓上には 一味味塩 が。  客の様子を見ていると、天婦羅に味塩して食す者、蕎麦に一味をおもむろに振りかけて食す者、蕎麦湯に一味をひと振りして味わう者、いろいろだった。  家族連れもちらほら、蕎麦通を自負する客が多いのかな。

 
 
f:id:RoronoaRyo:20150503202328j:image




茶 あるひとつのテーブルにポット1のみ
(そば茶ブレンド緑茶?)



他メニュー一例ざる大盛 1,100円、天ざる 1,400円、つけ汁そぼ 1,100円



価格帯350〜2,200円





    実は。  注文してから出来上がりを待っている間、厨房の中がチラリと見えた。とてもキレイに手入れされていてさすがなのだが、辛汁 が、徳用醤油の空きペットボトルに収納されていて、そこから徳利に注いで提供される手順になっており、ちょっとだけ " 引いた " 。  まぁ、お年を召した女性給仕の使い勝手を考えたら、そうなるのも仕方ないのかな。  それともそれが普通なのかも? また、自分は水もお茶も食事のペースに合わせて存分に飲みたいタイプなのだが、水はカウンター奥の冷蔵庫にたいそう大事に仕舞われているし、お茶は店内あるひとつのテーブルにひとつだけ置かれたポットのみ。そのテーブルの客に気使いながら湯呑みにいちいち注いではまた飲み、というのもあちこちに気を使ってしまって我慢してしまう、気分が下がるよね。 ところであれれ、湯呑みの中は緑茶のように見えるけどほんのり蕎麦の香りがする。蕎麦茶ブレンド緑茶? 韃靼蕎麦茶 の解説紙が卓上に置いてあるからそれ? 美味しい! いい感じ! 一飲の価値ありです。





立地住宅街
店内外自宅改装系、
店内にそば打ち工程の写真展示有り
卓上一味、味塩、割箸
座席数相席型20席( テーブル数 4 )
サービス老夫婦2人のみでの営業
BGM大型テレビ1台





    蕎麦の作付面積宮城県1位 を 誇る黒川郡大和町。ならば同じ郡内の富谷町には 地粉 を使う 地産地消 の蕎麦屋もあるだろうと踏んで探索した同店だが、こちらはおそらく違うだろうと思う、どうだろう。  そう言えば訪れたのは 新そば の季節だったが、 が無かったような気が。  巡り合った粉一筋、と言う こだわり があるのかも知れない。







創業2005年
店主は蕎麦打ち教室に数ヶ月通ってのち
自己流の打ち方を習得し開店







住所宮城県黒川郡富谷町富ヶ丘1-12-18  (ななふく)
Siteなし



****