読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蕎麦之記

辛汁で、を基本に。

手打ち田舎そば 一昇

十割

宮城加美色麻町手打ち蕎麦処 一昇    [ 県北地域 ]  

f:id:RoronoaRyo:20150605112837j:image
 

田舎そば  ( 税込 750円 )





香り☆☆☆
太さ★★☆
出汁香り無し、色・醤油感共に薄目
辛汁の量徳利に適量
蕎麦湯茹で湯、熱々が陶器の急須で



薬味・小鉢など漬物、ネギ、ワサビ、山菜みず」の漬物



粉の産地不明
製粉製粉所?
割合十割、二八
製麺不明





 麺は色黒だがホシはない、太くて平打ち気味で香りは全くなし。辛汁 は薄めの色で辛くなく甘くもない、この蕎麦には合ってない気がするけど好みなんだろうな。それと千切れるような感じではないけどなんだか 粉っぽい気が。  何のせいか、練り? 捏ね? 寝かせ? 茹で時間がアバウト? も、もしかして、添加物? ちがうよね?
 
 
    蕎麦は全て 十割二八 だけど 打ち場 をどこにしているのかな、店主の導線は店北東部に主体だから南東?   店外?  それともまさか 機械打ち?
 
 
f:id:RoronoaRyo:20150605113707j:image
 
 
 二八 の自家製 一昇そば で「 おろしつけめん(850円)」も頼んでみた。  節系の香る 甘めのつゆ、細身でホシのない啜りやすそうな麺、添えられた具の鰹節にツンと鼻をつく匂いがあった。脂分の酸化? なんだろうか。
 
 
 天ぷら蕎麦とはおそらく別だと思う(願う)が、店奥に ウド など 季節の野菜 三種 の「 天ぷらバイキングコーナー 」が設けられていた。  1品数十円、食べたいものを自由に選んで客自ら伝票に書き込み申告するスタイル。 
 
 
    使い捨てのおしぼりや湯呑み、グラス、水・蕎麦茶の入ったポット、楊枝、灰皿等は店入口右手にまとめて常備され、メニューは卓上に置かず壁に飾られた木片に記されている。  (因みにタバコを吸う客は、幸いいなかった。)
 
 
f:id:RoronoaRyo:20150605113918j:image        f:id:RoronoaRyo:20150605113931j:image



茶 蕎麦茶(後味に何かの移香が気になる)、
水も飲み放題



他メニュー一例天・田舎(十割)1,350円、天・一昇(二八)1,400円、
天ぶっかけ 1,500円、二八一昇ざる 800円、
鴨南つけめん(田舎・一昇)950円、かけ 680円、冷やしとろろつけめん(田舎・二八)900円、
とりそば 850円、ラーメン 450円、
蕎麦のおかわり 400円、天ぷら 600円



価格帯400〜1,500円





f:id:RoronoaRyo:20150605114020j:image        f:id:RoronoaRyo:20150605114122j:image



立地農村集落
店内外田舎の小売店居抜き簡易改装系?
卓上割箸、七味、食塩、楊枝
座席数16席( 5卓 )
サービス夫婦?二人で切盛
BGMFM Radio





 国道 457号線 を 色麻町役場 側に曲がって直進、突き当たったら右折してすぐの信号を左折、間も無く右手に同店が見える。どこに駐車しようか一瞬迷うので後続車には注意しよう。  ランドマークは 宮城県加美農業高等学校 かな、その手前に立地しているので 加美農 まで行かないように。 そうそう、加美農 と言えば 宮城県名取市にある 宮城県農業高等学校東日本大震災津波被災した際、生徒を受け入れていたことを思い出す。生徒たちは今もまだここへ通っているのだろうか。






創業?不明







住所宮城県加美郡色麻町黒沢字土利壇20-1
Siteなし



****