蕎麦之記

辛汁で、を基本に。

山形手打そば 羽前屋

山形手打ち蕎麦処 羽前屋    山形市内 ]  

 
 
伝聞
 
 
 

天ざる   ( 税込 1,300円 )



香り ☆☆☆
太さ ★★☆
出汁 濃い目
辛汁の量 適量
蕎麦湯 茹で汁

 

薬味・小鉢など 漬物、ネギ、わさび

 

粉の産地 不明、北海道産主体?
製粉 不明、店頭に粉サンプル展示
割合 不明
製麺 不明



    蕎麦粉 一番粉 5、二番粉 3、三番粉 2  の割合で打たれた中太麺。 香りは微か、コシ・弾力はしっかり。辛汁とのバランスも良く、箸が良く進む。しかし残念ながら、それ以外のことを覚えていない。【 ここが蕎麦の食べ方の分かれ道 】 というべき事件がこの時起こったからである。
 

 

 
   時は ある暑い夏の 平日 14時少し前。空腹の絶頂に、ガッツリボリュームのある、腹持ちするものを入れたかった。自ら蕎麦を打つという蕎麦通が同店へと案内したので、店に入る前から 「 これは、天ざる しかない 」 と決めていた。で、迷わずオーダー、すると…。
 
 
 
 
    「 オレ、つゆを油で汚したくないから、 初めての店で 天ざる は頼まないんだよね〜ッ!」
 
 
 
 
   山形の夏の半端ない暑さにやられ、塩なんて言わず、冷たい天つゆに揚げたての天ぷらをザブンと潜らせてバクッと豪快に食べたかっただけなのに。 万が一にも専用の天つゆが付いて来なくたっていい、冷やしたぬきなんか、つゆと油と蕎麦を一緒に食べるんだし。そう思っていた。だが、そのひと言に凄い衝撃を受けてしまった。



茶  不明

 

他メニュー一例 羽前もり  800円、かしわざる  900円( ←いずれも看板商品とか。 )、
もりそば(板)  600円、とろろそば  900円、カレーそば  900円、
中華そば  600円、しっぽこ(10〜3月) 1,000円

 

価格帯 600〜1,500円



    蕎麦処・山形の老舗のひとつ。大通り沿いではなく、町と町を線路で隔てた境目に近い場所に立地している。 外観は普通の和風店舗だと思っていたが、今、様々な画像を見るとビルで、1F を和風外装にしていたようだ。内部は 3面ガラス張りで、自然光が気持ちいい。店内の清潔感にも、老舗の仕事観が現れているようだった。



立地 住宅・商業混在地域
店内外 自社ビル(自宅兼?)和風の内外装
卓上 一味、七味、割箸
座席数 50席ぐらい?(結構ある)
サービス 昭和の食堂風(当時)
BGM なし? USEN



   ちなみに、「 羽前 」は、出羽国 の南側で最上川以北の酒田を含まない 山形 のこと。「 羽後 」は、最上川以北の酒田を含む 秋田 のこと。酒田 と言うと、" 山形とは一線画すよ? "  みたいな気風があるが、それはこの辺に端を発しているのかもしれないな。



    それから、「 しっぽこ 」 が気になったので調べてみた。  しっぽこ とか すっぽこ とか呼ばれているようだが、「 すっぽこ 」だと隣県・宮城の郷土料理「 おくずかけ 」の 県北版の呼び名と同じだ。  おくずかけは、椎茸の戻し汁を出汁としてゴボウ・ニンジン・大根などの野菜を煮る精進料理で、盆や彼岸に食卓に上る。  そういえば、椎茸の戻し汁の出汁で作ったあんかけ( 生姜の絞り汁入 )で 餅を食べる文化伊達藩領内にあったな。( そうだ、餅喰いで有名な 一関 でも、定番。) 山形・最上家伊達家 は親戚、「 しっぽこ 」の具に 椎茸、薬味におろし生姜が付いている辺りにもなんだか、芋煮 に似た縁を感じるというものだ。

 同店以外で「 しっぽこ 」が味わえる山形の店は、以下の残り 4店のみ。

 
 
 
寿屋本店 山形市相生町6-25
栄屋本店 山形市本町2-3-21 〈 栄屋本店 HomePage 〉
蕎麦処  品川屋 山形市旅篭町2-1-26 〈 品川屋 Facebook 〉
素仁庵 (要予約) 山形市七日町4-9-2 〈 素仁庵 〉

※  その他  資料 〈 すっぽこ研究所 〉〈 山形新聞かわら版 〉〈 山形経済界 〉〈 うどん小話 「卓袱」〉





創業 1916年 (大正5年)





住所 山形県山形市旅篭町1丁目18-11
Site http://www11.plala.or.jp/uzenya/









※  1990〜2000年頃、蕎麦通に連れられ訪れた際の記憶の伝聞に、他数々のブログなどの情報から不明要素を補足。

 
 

****