蕎麦之記

辛汁で、を基本に。

手打そば 草太

宮城仙台若林区 六丁の目 の 手打ち蕎麦処 草太    仙台市郊外 ]  

f:id:RoronoaRyo:20160310175015j:image
 

東根そば 小盛 ( 税込 810円 )





香り★☆☆
太さ★★☆
出汁鰹香る甘め、薄色
辛汁の量徳利に適量
蕎麦湯茹で湯



薬味・小鉢など白菜漬、ネギ(たっぷり、嬉!)、ワサビ



粉の産地山形県東根産、
階上早生 + でわかおり のブレンド
製粉店内石臼、
外皮除き甘皮残して製
割合不明( 二八? 九一?)
製麺店内打ち場





 正真正銘手打ちである事を主張する太さの揃わない麺、薄いグレーにホシが入り混じっている。啜りながら噛んで蕎麦の旨味を実感するタイプの蕎麦だ。 ならば 辛汁 は 醤油感濃厚な塩辛いものだろうと思いきや、鰹が強目に香る色薄めで甘め、蕎麦 と 辛汁 の ハーモニーを味わうと言うのでは無く、辛汁が蕎麦自体の味を楽しむサポート役となっていて、ワサビを加えても何も変化する事がない、初めてのタイプだ。  中年男性の多い客層を踏まえ、見た目も実質も、健康面を考慮していなくもない感もある。
 
 
f:id:RoronoaRyo:20160312205043j:image
 
 
 麺は 小盛 を頼んだがなかなか。小粋を気取る 蕎麦屋の 大盛 位は 軽く超すかという ボリュームに惜しみないサービス精神を誇っている。では実際量目はいかほどかと ググる大盛 が 500g、普通盛 が 300g。ならば 中盛 は 400g、小盛 は 200g と 単純計算出来る。小盛 のせいろが可愛いサイズと侮るなかれ、深さがしっかり(写真参照)している。いくら周囲に蕎麦屋が多いからと言って、ハシゴしようなんて甘い了見は諦めるべし、という感じ。

 
 
f:id:RoronoaRyo:20160312205108j:image
 
 
 
 

 さて、店主が町内会の旅行で立ち寄った 山形 東根 の 蕎麦店「 草宿(くさどまり)」で、蕎麦の旨さに感銘を受け、農家を廃業して 1999年に弟子入り、2番弟子となった、3年間の修行を経て 自宅を改装 し、同店開業となっているが 「 草宿 」とは、どんな蕎麦店だったのだろう。

 
 
 
 

草宿   【 現在は閉店 】


山形東根のおばあちゃん達が打つ伝統的な蕎麦に魅了され、JAを定年前に退職して開業。  尾花沢市 玉野地区産 の そば粉 9割強 で打った柔らかめの太麺、やや乱切り気味の蕎麦が特徴だ。

郷土の伝統的な製法をイメージして主力商品を " 古代蕎麦 " と命名、一番人気の " 古代板そば " は 750円 で提供されていたようだ。  辛汁 も 本鰹・鯖・宗田鰹節を使いシンプルな出来栄え。甘汁 の 天ぷらそば(温)は 別盛り+ 別出しにして客の好みの食べ方を尊重していた。

* ちなみに、食べログ の 最終log は 2006年10月、他ブログで紹介されているのは 2009年 が最後となっていた。






茶 ほうじ茶、
店中央部に茶と水のポット有り



他メニュー一例天ぷらそば( 小盛 1,660円、普通盛 1,770円、中盛 2,030円、大盛 3,070円 )、
東根そば( 普通盛 920円、中盛 1,180円、大盛 1,550円 )、
かけそば( 小盛 810円、普通盛 920円、大盛 1,180円 )、
天丼( 小盛 750円、普通盛 1,100円 )、
そば団子汁( 小盛 650円、普通盛 1,100円 ※ 9/15〜4/15限定 )、
天ぷら盛合せ( 小盛 500円、普通盛 850円 )、
かき揚げ 500円、京ニシン 450円、身欠きニシン(焼)550円、
おにぎり(味噌・しそ・いなり)120円、
辛味大根 100円、とろろ 150円、辛汁と薬味のセット 100円



価格帯100〜3,070円





  「 草宿( くさどまり )」で修行した 孝太郎さん の店だから「 草太 」と命名されたのだろう。 国道4号線仙台バイパスからもさほど遠くなく、産業道路から少し入った場所、卸町団地 に立寄るビジネスマンも気になる立地にある。 暖かな晴天、1月半ばの平日 13:00 手前、玄関前に置かれた陶器のテーブルセットには、一見行列かと見紛う感じだがその逆、食後の一服を楽しむ方々が屯。店内は遠くからも連れ立って来たような背広組 や ブルーカラー、男性客がほとんどだった。
 
 
f:id:RoronoaRyo:20160312205257j:image    f:id:RoronoaRyo:20160312205312j:image





立地住宅街、
県道23号線 : 仙台塩釜線 から少し北に入る 
店内外昭和の農家の家屋敷を活かして店舗化
卓上割箸、一味、メニュー
座席数4人卓8、カウンター4(全座卓)
サービスフロア女性2名、厨房4?
BGMなし





 店内には修行時代を伺わせる品々や額、そして意外にも野球選手のグッズが飾られている。何でも、昨今製麺を担当するようになった二代目・直樹さん所縁( 東北高校帝京大学七十七銀行野球部所属 )の品らしい。 一方、庭にある立派な には 1年分の 玄蕎麦 が 徹底した温度・湿度管理の元、保存されているのだとか。ここから毎日、使う分だけの蕎麦を出し 電動式石臼自家製粉 する。 余談だが、現在の蔵は 2代目、2011年3月11日の 東日本大震災 で初代はほぼ全壊、翌月4月2日の営業再開以後に再建されたらしい。
 
 
f:id:RoronoaRyo:20160312205416j:image     f:id:RoronoaRyo:20160312205434j:image
 
 
f:id:RoronoaRyo:20160312205454j:image     f:id:RoronoaRyo:20160312205510j:image

 
 

 前述の通り店主の佐藤さんは、古くは 六丁の目村 と言われた里に 代々続く農家の8代目だったのだとか。 田畑や荒野ばかりだった 若林区 六丁の目卸町 一帯は、昭和30年代後半 から 都市開発 が進められ、六丁の目 には 印刷団地、卸町 には 中央卸売市場 が 建設された。 職住近接 を 意図してか開発は進み、周辺の農地は宅地へと変貌していく。この町を鳥瞰してみると 生活道 や 大型の変形区画 が一部に残っているのが分かるがそれは区画整理事業からの除外に依るものではないだろうか。大きな農家が最後まで土地を譲らなかった、みたいな。  
 
 
 六丁の目の町を東西に貫く 県道23号線 : 仙台塩釜線、通称「 産業道路 」は 卸売市場 や 印刷団地、仙台港塩釜港 を結ぶ重要な 物流ルートと なっており交通量が激しい。 沿線には飲食店のみならず最近はショッピングセンターなども新規出店し賑やかさも増している。さらに昨年末( 2015年12月6日 )には「 仙台市営地下鉄 東西線 六丁の目駅 」が誕生した。  肩身の狭い環境に追いやられた農業だが、震災も追い打ちをかけた。六丁の目 の 南側、田畑しか無かった 旧荒井村 辺りの 再開発までもが始まったのだ。そして今やこの辺一帯は 被災者をはじめ他地域からの転入者への、住居供給拠点と誰にも認識されている。







創業2002年 4月







住所宮城県仙台市若林区六丁の目中町13-25
Site〈 Facebook 〉



****