読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蕎麦之記

辛汁で、を基本に。

水車生そば

十割

山形天童 の 手打ち蕎麦処 水車そば 村山地方 : 山形 ]

 
 
 
伝聞
 
 

ざるそば   ( 税込 750円 )





香り★★☆
太さ★★★
出汁普通
辛汁の量普通
蕎麦湯普通



薬味・小鉢など漬物、ネギ、ワサビ



粉の産地山形・北海道ブレンド
製粉自家、石臼と水車を使用(毎日使う分だけ)
割合挽きぐるみ100%と謳うが?
製麺手打ち?機械打ち?





   【 天童そば 】の名店。 『 田舎蕎麦 』  を初めて食べたのが同店だ。訪れたのが冬だったのか、夏だったのか、イマイチ覚えていないが、蕎麦が出来上がるまで温かいお茶を啜り、その後冷たい蕎麦を食べたようなぼんやりとした記憶が残っている。苦手の刻み海苔はナシで注文。こんなに黒く太い蕎麦があるんだ、さすが蕎麦王国・山形だ!  とワクワクして箸を入れたと思う。
 
 
    麺は極太、香りはほんのり。弾力があり噛みごたえがある。初めて食べた 田舎蕎麦、大好きになった。偶然選んで入った店だったのだが大正解。伝統がありながらそこに固執し過ぎず、昭和の風情たっぷりの古びた店内も清潔に保ち、新しい施策も打ちながら古さと共存する展開を図っている。





茶 不明、緑茶?水?



他メニュー一例とろろそば 950円、更級そば 800円、雑煮そば(温)950円、
他一品料理も豊富



価格帯600〜2,000円





    最近は、『 元祖 鳥中華(650円)』という ラーメン が大人気の模様。麺も手打ちなのだとか。歴史に胡座をかかず時代の流れもするっと受け入れて柔軟性ある商いをしているようだ。
 
 

ちなみに山形には、ラーメンが人気の蕎麦店 が結構あるようだ。仙台だと、蕎麦よりラーメンの評判を聞く 「 きそば  たかみ青葉区二日町10-25 )」  が思い付くくらいかな。





立地温泉街近接市街地メインストリート
店内外自社ビル、外観を民芸調に装飾、内装は和風
卓上不明
座席数かなりある、
団体客可な座敷も有り
サービスベテラン女性がテキパキ
BGM無し? 和風? USEN





    温泉街という土地柄か 23:00 まで営業している。また、マガジンハウスより出版されている男性向け雑誌「 BRUTUS 」の 特集、『 日本全国  今すぐ食べたい美味いもの。  日本一のお取り寄せグランプリ 』では、準グランプリ を獲得した。
 
 
    ちなみに、前述した施策のひとつは、3名以上要予約( 1週間前まで )で、オーダーメード蕎麦 を打つサービス。挽き方( 挽きぐるみとか更級とか )・ 粉の粗さ・つなぎの割合・太さなど、好みの蕎麦を打ってくれる。  時代のニーズに応じ、蕎麦好きへの至れり尽くせりを実践、もちろん そば打ち教室 も行っている。







創業1860年  ( 文久元年 )







住所山形県天童市鎌田本町1丁目3-26  ( すいしゃ  きそば )
Sitehttp://www3.ocn.ne.jp/~suisya/





 


※  1995〜1998年頃の記憶の伝聞に、他数々のブログなどの情報から不明要素を補足。
****
広告を非表示にする