蕎麦之記

辛汁で、を基本に。

慈恩寺そば

山形寒河江 の 蕎麦処 慈恩寺そば    村山地方 : 山形 ]

 

 
伝聞
 

 

板そば  ( 税込 900円 )  





香り☆☆☆
太さ★★★
出汁普通
辛汁の量不明
蕎麦湯不明



薬味小鉢などネギ、(ワサビ無し)



粉の産地不明
製粉不明
割合不明、三七?
製麺不明

 
 
 
 

   板そば を初めて食べたのが同店。麺の太さに面食らった。香りは無く色は普段食べる乾麺に比べてもどす黒、極太で芯すら感じる茹で加減、顎が疲れてしまいそうな固さ。辛汁が絡みにくいため、麺の味がしっかり出る。もぐもぐ、じわ〜っと蕎麦の味、これはこれで、こういう文化なのだなと初納得した。〈 みちのく SOBA 紀行・山形編 〉というサイトにある感想にも同じく納得した。





茶 不明



他メニュー一例板天そば 1,500円



価格帯600〜2,000円





    さらなる詳細な記憶の復元を試みるため ググって みるも、由来の何もない、ストーリーも解説も出て来ない、取材情報もない。店名に本山慈恩寺の名を拝するも確実に「 寺方蕎麦 」 ではないと見えるが。どちらかと言えば街道縁の 「 門前蕎麦 」 だ。


    「 寺方蕎麦 」とは、寺院で僧侶が精進料理として、あるいは客や檀家への振る舞い、貧民救済料理として食べられていた蕎麦料理のこと。深大寺蕎麦、妙興寺蕎麦、永平寺蕎麦が有名。山形・寒河江の『 慈恩寺蕎麦 』や、慈恩寺 48坊のひとつ 『 東光坊蕎麦 』もその一角を成していたと言われる。そして 寺社仏閣 の門前町蕎麦屋が多いのは(「 門前蕎麦 」)、この歴史との関わりが深いためだ。





立地ロードサイド
( 県道 26号線、六十里越街道 )  
店内外商家改築風、伊万里 蕎麦猪口 コレクション・古民具展示
卓上不明
座席数不明、結構ある
サービス不明
BGMなし





 

    もしかすると『 手打ちそば  東光坊寒河江市大字慈恩寺867 ) 』 にはルーツがあるのかも知れないが、同店は外観的にも雰囲気的にも「 寺方蕎麦 」のルーツを感じさせてはいない。まぁいずれにせよ、両店とも味に絶大な支持を受け、当の名刹・慈恩寺 自身よりも高く全国区に名を馳せていることが事実であることは確かだ。





    ところで。いまでこそ旧道扱いだが、同店の立地する 六十里越街道 は、奈良時代 にはすでに認識されていた歴史ある街道である。陸奥国多賀城と、出羽国・秋田を結ぶ要路だった。  慈恩寺 の 開山は、伝 : 行基 による 724年、聖武天皇 が 奈良・東大寺 の開山を命じたほぼ同時期の 860年、慈覚大師円仁 )に 山形・立石寺 の開山を指示している。 自然信仰の山・出羽三山 山麓を経由する難所の多い道であることも手伝って 修験の道 としての性格を強めていったこんな東国の山道でも、様々な往来があったことは想像できる。

 
 
 戦国時代 になって始めて軍馬が通れるよう整備されたらしい。沿道には 上杉景勝 や 直江兼続伊達政宗最上義光 らが加勢した小競り合い・大競り合いによる史跡も残る。そして平和な江戸時代 を迎えるともう出羽三山 詣出の者しか利用しなくなる。「 田麦俣 」の 多層民家 に宿泊し三山へ詣出てまた山形へ戻るのが常道となった。県境を越える交易者なぞなく、峠辺りは廃道のようになっていったらしい。

 


 
    戊辰戦争が起きると、国境を越えて官軍が襲来、沿道の何処もかしこもが戦火の舞台になった。特にこの寒河江辺りが激戦地だったというのは容易に想像出来る。領民の加担をも求められ大変だったらしい。自然神から仏教まで、救いを求めやすい土地柄なのが幸いしているかどうかは分からないが、朗らかで大地の恵み豊かな地域な気がする。今は高級種・佐藤錦 を始め多くの サクランボ が生産されるとして有名だしな。痩せた土地に蕎麦と言うイメージからはほど遠い。
 
 
 
 

板そば 】  
山形県内陸部で広く食べられる蕎麦のひとつ。農作業の共同作業や寄合などの集会後に、木で作られた長方形の箱に薄く均一に盛られ振舞われていたのに由来するらしい。水分の吸収は せいろに盛られるより適していると言われる。







創業不明







住所山形県寒河江市大字八鍬264-2
Site〈 Facebook 慈恩寺そば 〉



****

 
 

※  1990〜2000年頃の記憶の伝聞。他数々のブログなどの情報から不明要素を補足。


****
広告を非表示にする