蕎麦之記

辛汁で、を基本に。

伊達なそば処 あさば

宮城仙台青葉区中央(仙台駅)の 手打ち蕎麦処・あさば 【 閉店 】    仙台市内 ]

 
 
伝聞
 
 

手打ちせいろ ( 税込 750円 )

 




香り★★☆
太さ★★☆
出汁キチンと仕事されている感じ、ワサビと蕎麦とのバランス最高
辛汁の量丁度良い、惜しみ無さが出てる
蕎麦湯辛汁と良く合う



薬味小鉢などネギ、ワサビ(本山葵)



粉の産地同市同区の愛子地区産 常陸秋そば、他(地粉、地産地消!)
製粉製粉所?
割合二八、他
製麺手打ち・機械打ち





   駅そばで軽く昼食なんて思っていたら、うれしい驚きが待っていた!  良い意味で期待を裏切る芳醇な蕎麦の香り。ホシはあるかないか分からないほどながら、食感はしっかり蕎麦。出汁にくぐらすと、溶けたわさびと相まって口の中が幸せでいっぱいになった。当初は、「手打ちと謳いながら実は…」 などと お決まりの嫌な勘繰りもしていたが、やや平打ち気味の若干乱切りに見えなくもない麺が、正真正銘の手打ち、二八蕎麦だぞと強く主張しているように感じたことを覚えている。
 
 
    他メニュー一例を見て分かる通り、リーズナブルなのは 機械打ち、少し値段の張るのが 手打ち だろう。十割 もあったのだろうか。蕎麦粉は、地元 仙台 愛子産の 常陸秋そば の他に、北海道の 牡丹そば、山形の でわかおり も使っていたようだが、真偽詳細は不明だ。





茶 水?焙じ茶



他メニュー一例牡蠣そば  750円( 一番人気らしい )、
季節限定 せり鍋そば  940円、かき揚げそば  1,050円、
辛味大根そば  850円、手打ち鴨汁  1,100円



価格帯500〜2,000円





   店頭に 蕎麦打ち場 が据えられ、お飾りでない様子には目を見張った。開店時間は 8:00〜22:00。  駅という立地ゆえに、朝食から晩酌まで対応するためだろう。多彩なメニューを見ると、和食の料理人のセンスも感じる。





立地駅ナカ、新幹線改札側
店内外まさに現代的駅ナカ蕎麦屋
卓上不明
座席数50席ぐらい? 結構広くて
平日昼時に待ち時間が若干ある回転具合
サービス和食チェーン店マニュアル風
BGM和琴? USEN





    鴨南蛮蕎麦 というものはそもそも、栄養的にタンパク質と油分を足すために生まれたらしい。養鶏なんて成り立ってない時代、鴨肉は当然臭みがあったので香りの強い セリ と煮て食べられていたのだとか。  そのルーツを知れば、名取名産セリ をふんだんに使った 『 せり鍋そば  』 が メニューに鎮座している辺り、蕎麦への造詣もかなり深いと受け取れる。駅改装のため廃業を決めたというが、市内中心部で再開したいとどこかのブログで語られていた。

 


 


【 追記 】
ずっと気になっていたが、ひょんな検索から似た「 牡蠣そば 」の画像を探り当て、『 伊達な味処  浅羽 仙台市青葉区国分町2-1-24 福原ビル 1F ) 』 の 2014年開業に辿り着いた。    また、『 そば遊膳  あさば仙台市泉区南中山3丁目2-15 ) 』 が 2009年 8月 12日 にすでにオープン( 2015年9月 現在は 閉店 ? 現地でお店を見つけられなかった。)していたことを知った。是非、訪れてみたい。







創業2007年
廃業2014年 7月 27日







住所宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅 3F
(新幹線改札近く)【当時】  
Siteなし






※    2008〜2010年頃の記憶の伝聞に、他数々のブログの情報から、不明要素を補足。


****