蕎麦之記

辛汁で、を基本に。

石臼挽き手打ちそば 葉菜

宮城黒川大衡村手打ち蕎麦処 葉菜    仙台市近郊 ]  

 

f:id:RoronoaRyo:20150420150311j:plain

 
 

高遠そば ( 税込 1,000円 )





香り☆☆☆
太さ★★☆ 中太
出汁特徴無し、至って普通
辛汁の量猪口に適量だがもっとあっても
蕎麦湯茹で湯



薬味・小鉢など漬物、高遠大根おろし(汁なし)、ネギ、ワサビ、天かす



粉の産地同郡大和町落合・吉田産 に 北海道産ブレンド
地粉!地産地消!
製粉店内石臼
割合二八、四六
製麺手打ち、機械打ち




    蕎麦屋は、3つのタイプに分かれると思う。【 こだわり共感型 】、【 CSマーケティング 】、【 誠実一途型 】。その中で同店は、【 CSマーケティング 】に当たるかな。さすが、元国営通信会社の関連会社幹部から脱サラして開業しただけある感じ。 様々な客層に対応出来るようメニューも価格帯も手打ち蕎麦屋の割に多彩。蕎麦の量が物足りなかった時のために頼んだ『 葉菜おにぎり ( 280円 )』 が入らなくなったので、持ち帰りしたいとダメ元で願い出たところ快諾され、早速食品トレーと輪ゴム、レジ袋が出てきたという具合だった。
 


 
    蕎麦の 作付面積 で宮城県内 1位 を誇る黒川郡大和町。ならば郡内には地粉を使う地産地消の蕎麦屋もあるだろうと踏んで探索した 1軒が同店だ。
 
 
    品種は何だろう キタワセソバ ?  信濃1号? 麺は、手打ち機械打ち も ホシ無し、味はするが香りはあまりしない。コシ について、二八の手打ち は写真の見た目と違ってもっと太打ちだと記憶してしまう程しっかり噛みしめるのが好きな方は大喜びだろうという感じで、四六の機械打ち は細く思う存分音を立てて啜りたくなりそうな様だった。麺の量目はさすがたっぷりで食べ応えがあり、前述の通り 大盛り を注文しなくても、おかげさまで満腹になった。  辛汁 は香りなく塩辛くなく至ってシンプル。ワサビとネギと麺とのバランスもキチンと考慮されている。



f:id:RoronoaRyo:20150321170059j:plain    f:id:RoronoaRyo:20150421190557j:plain

    すぐ近くの畑を借りて、自家栽培している大根での「 高遠大根おろし 」も、全部を使う方はいなかろうに、という ふんだんな量 を供される( Lサイズ卵大 )。ケチケチして無くて気分がいい。 つゆに少しずつ足して食べたのだが、啜ろうとすると爽やかな辛さに思わずむせてしまった( 辛い大根おろしは大好きだが結構スパイシー  )。  いかんいかん、大根の辛さの良さと麺のコシを楽しみながら、よく噛んで食べなければ。

 


 

     高遠そば(【 元祖 】)は普通、辛味大根おろしの " 絞り汁に " 好みで醤油を足し、それを 辛汁 代わりにして食べる蕎麦だ。(【 本家 】 信州伊那では、焼き味噌 + 辛味大根おろし汁 + めんつゆ = 辛汁 )  しかし同店ではそうでなく、主役として大増量された薬味的役割のものについて、そうネーミングしたようなので、どんなルーツによるものか。  大根の品種が、高遠そば発祥に由来する土地の原産だからだろうか、無くなると普通の辛味大根に変わるというからそうかな。 アサギ大根?  秋蒔きのもの?
 
 
f:id:RoronoaRyo:20150421190650j:plain
 
 

    天かすは 蕎麦湯 の最後に落としてみようかと思ったが食べてる間につゆが大根おろしに引っ張られてどんどん減り、残念ながら楽しむことは出来なかった。( 給仕は皆忙しそうにしてるし食べ終わった後で今更辛汁の追加を頼む勇気が無かった。)  蕎麦湯には香りがしっかりあったので、茹で湯とは別に作っているんじゃないかな。
 
 
    ちなみに、大盛りの値段が 機械打ち手打ちで、それぞれ違った( 手打ち冷 350円、手打ち温 170円、機械打ち冷 170円、機械打ち温 110円 )。  4種の麺を用意しているってことかな、違うよね。

 


 
f:id:RoronoaRyo:20150421172959j:plain    f:id:RoronoaRyo:20150421173030j:plain




茶 蕎麦茶も水も飲み放題、
店中央部に



他メニュー一例機械打ち 冷やしたぬき 860円( 写真。お得感半端ない✨ )、
手打ち天ざる  1,390円、鉄火丼 980円



価格帯650〜1,400円





    国道 4号線を下り、国道 475号線との分岐手前、右手の特大の GS を過ぎたところ左手に 誘導看板 がある。この看板、何度か目にしていたのだが、「 薬莱 」に見えていた。大衡村でなぜ 薬莱( 宮城県加美郡加美町、旧小野田町の薬莱山 )かと不思議に思っていたが、【 葉菜 】だって、全然違った。  ちょっと検索してみれば、たくさんの方々がブログで取り上げているし、昼時は行列で休日は駐車場が常に一杯らしいので、「へぇへぇへぇへぇ〜(古るっ!)」って次第。





立地ロードサイド( 国道 457号線 )
店内外現代的中型和食店風
卓上割箸、一味、醤油
座席数テーブル 20席強、小上がり 20席強
サービスホスピタリティーはないが十分
BGM手製?の大きなスピーカーはあったが
不使用?





f:id:RoronoaRyo:20150421173116j:plain    f:id:RoronoaRyo:20150421173152j:plain    f:id:RoronoaRyo:20150421173231j:plain
 


 
    伺ったのは、祝日土曜日の開店間もない  11:30頃だが、半分以上の席は埋まっていた。12:00前には満席になり、あれよあれよという間にあの長〜い外の 待合席( 写真 )も、いっぱいになった。会社のジャンパーを着ている男性組やら、蕎麦好きとみられる夫婦、大家族など、客層は多岐にわたっていた。ちなみに車は、宮城ナンバーが 以外 が大半。  そして最後に、大衡村の田園からは、七ツ森や 達居森薬萊山 が良く見える。 蕎麦や米、野菜類など豊穣の恵みはこれらから得られていることが百姓をしてなくてもしっかり伝わって来た。
 



【 余談 】    
同店に玄そばを供給している地元 JA あさひな  では、栽培技術も、保存性能も、製粉技術も年々向上しているとのこと。挽き方も好みに合わせて注文できるのだそうだ。    〈 JA あさひな  特産  そば 〉







創業2000年







住所宮城県黒川郡大衡村大衡字大童21-9  ( はな )
Siteなし



※  河北新報関連のサイトにある取材情報を前情報として参考にし訪問した。


****