蕎麦之記

辛汁で、を基本に。

権現茶屋

宮城黒川大和町吉田 の 手打ち蕎麦処 ・権現茶屋    仙台市近郊 ]  

f:id:RoronoaRyo:20150619210616j:image
 
 

ざるそば  ( 海苔無し、税込 750円 )





香り☆☆☆
太さ★★☆
出汁特徴無し
辛汁の量不思議と丁度良い
蕎麦湯茹で湯



薬味・小鉢など漬物、ネギ、ワサビ、大根おろし



粉の産地不明
製粉製粉所?
割合不明(二八と伝える媒体も)
地元名水「 風早峠の水 」使用とのこと
製麺不明、手打ち?





    蕎麦の 作付面積 で 宮城県内 1位 を誇る黒川郡大和町。ならば郡内・町内には 地粉 を使う 地産地消蕎麦屋もあるだろうと踏んで探索した 1軒が同店だ。  シャキッと角の立った色黒太めの麺は 田舎系、コシ十分で薬味・辛汁 との相性も良くなかなかの旨さ、二八か十割か、それともその他か、全く分からないが丹精篭もった味がする。田舎者だからこその温かみともてなしを大切にしているような素朴さがとてもいい。  個人的には、わさびを多めにして一味(止むを得ず七味だが)を加え、味と噛み応えを楽しみたい感じの蕎麦だった。
 
 
    季節と自然の豊かな恵みで、気取らずもてなしたいとの思いもあたたかく伝わって来る。初夏の香り芳しい筍の煮物も素晴らしい一品だった。初夏前の山菜の季節なら、さぞ素晴らしい突出が出ることに違い無い。

 
 
f:id:RoronoaRyo:20150505155714j:image    f:id:RoronoaRyo:20150505155726j:image




茶 焙じ茶。熱々たっぷりのポットと水は
店中央に常備
突出山菜はじめ
季節の煮物など



他メニュー一例権現そば  1,000円、岩魚そば  1,250円、きのこそば  850円、
山菜盛合せ(3〜5種)  500円、山菜天ぷら(3〜5種)  500円



価格帯500〜1,300円





    国道 4号線下り、大和警察署角を左折して突き当たりを左折、すぐ次の信号を右折して道なりに行くと、県道 147号線 ( 吉岡升沢線 ) に合流する。ここを左手折してさらに下り続けると右手に「 沢渡地区 公民館 」 が現れる。ここは今、船形山登山口・簱坂キャンプ場 前の最後の集落だ。しかし以前はキャンプ場直前まで、人家があり暮らしがあった ( 大和町吉田 升沢 地区 )。   Google Map には載っていないが、実際に現地に行くと 嘉太神分校升沢分校 ( 「 升沢森の学び舎 」 ( 松場辺りの道路沿い ) )が、さほど遠くない往時を偲ばせている。





立地農村集落
店内外茅葺き屋根・民芸調
卓上醤油、七味
座席数20席程度、
思ったより広い
サービス最小限だか不足なし
BGM店主と常連客の和やかな茶飲み話





    同店の麺打ちに使われる清水は、この 嘉太神分校 から峠を越え、下った坂の下にある名水 「 風早峠の水 」だ。  店主とその仲間たちが  " 三峯水利組合 " を立ち上げて管理しているとか。  そして同店は以前、そこから先にある左カーブを曲がった辺り一帯の集落の中 ( 下原西辺り ) にあった。まさに、こんなところで商売ができるのか?  という場所だが、わざわざやってくる客や、山菜採りのついでに立ち寄る客などに山の恵みをたっぷり振舞っていて人気だった。
 
 
   陸上自衛隊の王城寺原演習場の関係で、2000年に集団移転することになり、町が用意した現在の土地に新たに店を構えた。  店で使う食材の多くは今でも、その 升沢 の私有林で 毎日朝採り されているそうだ。
 
 
f:id:RoronoaRyo:20150505163438j:image
左手に水車が。

 
 
 
 

    また、TOYOTA の CM 「 ReBORN 」〜 東北へ旅する 豊臣秀吉織田信長狩野永徳大衡編 」〜  の撮影で、トヨタ自動車東日本とその周辺に あの、キムタク ( SMAP 木村拓哉 )・北野武石坂浩二ら が ロケに来た際、昼食に同店を訪れる予定としていたが、報道セキュリティ対応を考慮して 「 おさだ宮城県黒川郡大和町吉田字反町西84-6 )」 に変更された話、其店の内外装は、同店を隈無く参考にして作られた話、それでも客が取られた事はないとの話を聞かせていただいた。

 


 

 最後に大事なことをひとつ。  同店までの行程はかなり分かり辛いので、事前に 「 ローソン 大和町吉岡店宮城県黒川郡大和町吉岡字古館23-5)」を調べ、そこからさらに西へ 1〜2km 進んだ右手にあると目星を付けて置きたい。

f:id:RoronoaRyo:20150505163550j:image



最終処分場風評被害
東京電力福島第1原子力発電所1F )の事故に伴う指定廃棄物、最終処分場の候補地のひとつとして、宮城県黒川郡大和町吉田 升沢 地区の 下原 が挙げられている。

・参考記事
〈 原発事故県内汚染物質最終処分場   |  河北オンライン 〉
〈 原発事故の汚染廃棄物はいらないシンポジウム開催 〉

 
 
 
 
升沢廃村 )参考資料
〈 廃村、嘉太神分校跡から升沢分校跡まで 〉 
〈 升沢森の学び舎で合宿 〉 
〈 陸上自衛隊王城寺原演習場を感じて 〉
 
 
※【 升沢の甘露 】
升沢にはもうひとつ、名水がある。 ただし「 ふるさと緑の道 」の 林道内 にあり、悪路であることが多いので普通車での入山には注意すべし。







創業不明、移転再開 2000年前後







住所宮城県黒川郡大和町吉田三峯4
Siteなし



****